スポンサードリンク

職業調べTop >  法律・会計・経営 >  ヘッドハンター

ヘッドハンター

ヘッドハンターとは企業や組織に埋もれてしまった優秀な人材を発掘して経営
の表舞台に送り込むスカウトマン的な仕事をするのが主な仕事です。

ヘッドハンターは日本進出を目指す外資系や企業の合併や買収によってできた
新しい会社など、企業を経営してくれる優秀な人材を求めて、数多くの経営者候補
と面談して最適な人材を見つけ出します。


ヘッドハンターは企業の内で優秀な人材をスカウトしてくるヘッドハンティング部門
に属することもあれば、経営者や優秀な人材を求める企業の要望をうけて人材を
ヘッドハンティングする専門のヘッドハンティング仲介会社で働くことが多いです。


優秀な人材を見つけるために数多くの人と面談して転職の意思を確認してから
要望のあった顧問企業との面談を設定するまでがヘッドハンターの仕事です。


ヘッドハンターは従来日本にはなかった職業ですが外資系の参入や実力主義が
広がるにつれて今ではヘッドハンターを活用する会社が増えているようです。


ヘッドハンターになるにはヘッドハンティング仲介会社に就職するほかに産業界に
幅広いネットワークをもつ商社、人材会社などに関連部署があります。


特に必須となる資格はありませんが企業経営に関する幅広い知識が求められる
ためコンサルティング会社で経験を積んだ人が多いようです。


人材を引き抜き転職を促すことはともすればその人の人生を大きく変えてしまう
ことになりかねないので大きな責任が伴う仕事であるといえます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 豆腐屋  |  職業調べトップ  |  次の記事 プロモデラー  >