スポンサードリンク

職業調べTop >  自営・個人 >  豆腐屋

豆腐屋

豆腐屋の主人は豆腐や油揚げなどの大豆製品をつくり、販売するのが仕事です。
豆腐はできたてが一番おいしいのでその日の内に売り切ることが基本で、売れ
残りは翌日にがんもどきとして売りに出します。

豆腐屋は朝早くから作業があることでも有名で、季節ごとに豆の仕込み時間や
豆腐の売れ行きの量が変わるため、豆腐作りの作業が季節によって変動します。


ヘルシーな食品として豆腐に対する注目が浴びていることもあり、豆腐も最近に
なり見直されてきてはいますが、スーパーの安売り豆腐や後継者不足などもあり、
住宅街や商店街にある個人の豆腐屋は減少の傾向が続いています。


豆腐屋の営業の仕方は、主婦層をターゲットにするか、夕方から開店する飲食店
を得意先にするかによっても豆腐店の経営は変わってくるといいます。


豆腐屋になるには、直接豆腐屋を訪ねるほかに、全国各地の組合、有志の豆腐屋
さんたちがつくる勉強会などに相談して修業先を探す方法があります。


豆腐屋として新規開業する場合は、お店の設備やお得意さんなどをひきつぐ形で
後継者のいない豆腐屋を安く譲り受けるケースもあり、必要最小限の豆腐づくりの
設備であれば100〜300万円で整うため参入しやすいといえるかもしれません。


毎日同じ豆腐ができることがない豆腐の世界を学びつつ技術を磨いて、独立を夢見て
いる人、親の店を継ぐ人さまざまですが、豆腐作りは毎日が修行となります。


【豆腐屋の資格】


■ 食品衛生責任者


飲食店の開業などには営業許可証とともに食品衛生責任者の資格が必要です。
食品衛生責任者資格認定講習会を受講すると資格が付与されます。


関連団体:各都道府県の衛生局等あるいは保健所

スポンサードリンク

 <  前の記事 社会起業家  |  職業調べトップ  |  次の記事 ヘッドハンター  >