スポンサードリンク

職業調べTop >  スポーツ関連 >  プロサーファー

プロサーファー

プロサーファーは芸能人や若者に今大人気のサーフィンで生計を立てている人
のことでビッグウェーブを求めて世界中を飛び回るという生活を送っています。


海と友達になり、波を読みきってその波を乗りこなすためには技術はもちろんのこと
毎日海に通い、ひたすら技術を磨いた経験がプロサーファーには大切になります。


プロサーファーの多くは大会で獲得した賞金ではなく主にスポンサーからの広告
収入で生計を立てており、トップクラスになると年収は2000万円にもなります。


広告収入が発生するのは、そのサーファーが大会で活躍してテレビや雑誌などで
大きく取り上げられたときですので、プロサーファーは国内外の大きな大会に果敢
に挑戦することで注目を浴び続けなければいけません。


特に世界最高の波を求めて世界中からサーファーとそれを写すカメラマンが集まる
サーフィンの聖地であるハワイのノースショアにおいて、超難関のビッグウェーブを
乗りこなすようなことになれば一気にサーファーとしての名声が高まります。


現在、日本のプロサーファーは、男女合わせておよそ300人ぐらいだといわれて
おり、最近では若い選手の台頭が目覚ましくサーフィン人気もあり注目されています。


プロサーファーになるには波を乗りこなす技術を身につけ、国内外の大会に出場して
活躍することでいかにスポンサーを捕まえるかということが大切になります。


そのためにサーフィン以外のところでの営業活動も大切になってくるようで、自分と
スポンサーをつなぐ窓口的役割を果たす地元サーフショップの店長と仲良くなること
や自分を宣伝してくれるようなカメラマンと懇意にしていることが大切です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 コンクリート診断士  |  職業調べトップ  |  次の記事 社会起業家  >