スポンサードリンク

職業調べTop >  デザイン・芸術 >  写譜屋

写譜屋

写譜屋はその名称そのままに「楽譜を写す(=写譜)」ことを生業とする職業で
あり、オーケストラで用いられるスコアから各楽器のパート譜を書き出すことが
仕事になります。

クラシック音楽の場合、作曲された曲は、通常1枚にその曲に必要な楽器の編成
を全てまとめた「スコア」というものに書かれています。


スコアには各楽器の楽譜が一緒に並べて書いてあるので、そのままでは楽器を
演奏するプレーヤーには見ずらく演奏が困難です。


そこで写譜屋がそれぞれの楽器ごとに、写譜ペンやあるいはコンピュータを使い
個別の楽譜を作成するわけです。


写譜屋はそのほかにも仕上げた楽譜のチェックをするために初演作品などは練習に
立会うこともあります。


写譜屋は写譜を専門とする会社で働くほかにも個人経営で活躍することもでき、
演奏者によって写譜屋の好みが分かれるため、一度、取引をして気に入られれば
変更されることが非常に少ないのが特徴です。


写譜屋になるには楽譜を書けることをはじめ、音楽理論や楽器についての基礎知識
が必要であるため音楽を専門的に勉強した経験がなければ務まりません。


音大生がアルバイトで写譜をやり、腕を見込まれて、そのままプロとして写譜の
仕事を続けるというケースが多いようです。


写譜屋の仕事は時間制限があることが多くスピードが求められるうえ、間違いが
許されないので責任の重い仕事でもあります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プロ司会者  |  職業調べトップ  |  次の記事 そば職人(蕎麦職人)  >