スポンサードリンク

職業調べTop >  動物・植物関連 >  パークレンジャー

パークレンジャー

パークレンジャーは日本各地にある国立公園内の自然環境を保護、管理して、
国立公園内で行われる開発に対して事業者の監督、指導するのが仕事です。

パークレンジャーは、国立公園内をパトロールして、希少動物の保護や樹木の
観察を行うなどの自然保護のための企画や調査以外にも 公園の美化清掃や自然
観察会などのイベントも定期的に行い、自然環境に対する啓蒙活動も合わせて
企画して実施しています。


パークレンジャーは正しくは国立公園管理官といって環境省の自然保護局で働く
技術系の国家公務員という扱いになり、環境省が全国11カ所に設置している
自然保護事務所に勤務することになります。


通常2〜3年のサイクルで全国的な異動があります。


パークレンジャーになるには国家公務員試験を合格してから環境省の自然環境局
で働く技術系職員として採用され、パークレンジャーになるのが一般的です。


パークレンジャーの多くは学生時代に林学や造園、環境科学、都市計画などに
関する学問を学んだ人が多くなっており、国立公園の自然を守るためには環境に
対する、並々ならぬ関心と高い専門性が必要とされる仕事になっています。


【パークレンジャーの資格】


■ 国家公務員(?〜?種)


環境庁やその関連機関で働くパークレンジャーとなるのに必要です。
?種は農学2(森林・自然環境系)、?種(林学、農学、土木)、
?種林業職のいずれかに合格する必要があります。


問い合わせ先:各地域の人事院地方事務局

スポンサードリンク

 <  前の記事 サーカス団員  |  職業調べトップ  |  次の記事 美術鑑定士  >