スポンサードリンク

職業調べTop >  デザイン・芸術 >  美術鑑定士

美術鑑定士

美術鑑定士は絵画などの美術品や骨董品を鑑定して、真贋を見分けるとともに
美術品の芸術的価値や希少性、人気などから妥当な値段を算出するのが仕事です。

美術鑑定士は鑑定した美術品や骨董品の鑑定書を発行することもあり、基本的に
得意とする美術品、骨董品の分野を専門に活動します。


通常の美術鑑定士としての仕事以外にも裁判所から協力を依頼され、裁判所が
差し押さえた美術品や骨董品の評価額を出したり、詐欺事件などで使用された
美術品の鑑定をすることもあります。


美術鑑定士は画廊や古美術商、オークション運営会社に就職して活躍するのが
一般的で経験を積めば、実力しだいで独立する人もいます。


美術鑑定士になるには今のところ美術鑑定士の資格や専門的な学校がないため、
経験豊富な鑑定士のもとで修業をして、鑑識眼を養うのが一般的です。


美術鑑定士としての鑑識眼を養うためには本物と偽者を比べて見極める方法と
ひたすら本物だけを見て、本物のみが纏う雰囲気のようなものを感じ取れるよう
鍛える方法があるといいます。


美術鑑定士には美術品に関する深い知識と、歴史的背景などの幅広い知識、そして
経験に裏づけられた鑑識眼がものをいうため、美術鑑定士として信頼をえるためにも
一生を通じての勉強が必要になります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 パークレンジャー  |  職業調べトップ  |  次の記事 プロ司会者  >