スポンサードリンク

職業調べTop >  マスコミ・芸能 >  サーカス団員

サーカス団員

サーカス団員はサーカスの公演に出演して空中ブランコや綱渡り、一輪車を
使った芸、熊やトラなどの猛獣を操った芸などを披露し、お客を喜ばせるのが
仕事になります。

サーカス団はエンターテイメントを提供する仕事ですが、テレビの普及とともに
サーカス団の数も縮小して、現在は木下大サーカス、キグレNewサーカス、
カキヌマ大サーカス、ポップサーカスの4団体があります。


サーカス団員は公演日以外は、新しい技を開発するための練習に明け暮れます。


サーカスというと移動生活、共同生活のイメージがありますが、基本的にサーカス団
は本拠地があり公演日以外はそこで待機しています。


もちろん公演ツアーや連続講演の時は移動も多くなりますし、共同生活が続きます。


空中ブランコ、ジャグリング、トランポリンとさまざまにある芸から自分の興味のある
芸を学ぶのが一般的で、サーカスにふさわしいレベルにまで究めるには数年の経験
が必要になるので、分野ごとにスペシャリストがいるのが普通です。


サーカス団員になるには公演の際に募集される会場設営などのアルバイトから
コネをつくり入団する方法や求人広告を見て応募する方法があります。


基本的な体力と技術があると見込まれてか新体操経験者が優遇されることもあり
ますが、運動神経よりも、サーカスに対する情熱が大切とされます。


なお、サーカスの最高峰はラスベガスでも圧倒的な人気をカナダ生まれのサーカス
パフォーマー集団であるシルク・ドゥ・ソレイユによるショーといわれており、世界中
から世界一のサーカス団の一員となるため入門希望者が殺到しているといいます。


関連団体:木下大サーカス (岡山県岡山市)   キグレNewサーカス(東京都)
     カキヌマ大サーカス(栃木県足利市) ポップサーカス(大阪府大阪市)

スポンサードリンク

 <  前の記事 グリーンキーパー  |  職業調べトップ  |  次の記事 パークレンジャー  >