スポンサードリンク

職業調べTop >  教育関連 >  社会教育主事

社会教育主事

社会教育主事は学校以外の公民館や図書館など場において幅広い年代の人
が社会教育活動を行えるように各種講座の企画・実施するなど社会教育活動を
促進するのが仕事です。

社会教育主事は近年ニーズが高まっている生涯学習に対する地域住民の要望を
調査して地域の住民が求める社会教育や文化事業などの計画を立案して、講座
内容などを決定して講師を呼んだり、自らが講師として活躍します。


また社会教育施設職員の指導や、青少年団体やPTAなどの運営支援も仕事です。


社会教育主事は地方公務員であり、地域の教育委員会に所属する以外に公民館
などの社会教育施設で働くことが一般的です。


基本的に、土・日曜日、祝日は休みですが、主催する講座によっては休日や夜間
勤務を行うこともあるので、その場合は休日をほかの日に振り替えて取得します。


社会教育主事は地域住民の社会教育の促進に欠かせない存在であり、社会教育
主事への期待も大きいのですが各自治体の財政状況などの事情により減少傾向
にあります。
 

社会教育主事になるには社会教育主事の任用資格が必要になります。


社会教育主事の資格を取得するには、大学や短大で社会教育に関する所定の科目
の単位を修得し、地方公務員試験に合格して1年以上、社会教育主事補などとして
経験を積むか、教員免許状を取得した後、5年以上、学校教員または教育委員会の
職員として勤務し、社会教育主事講習を受講します。


【社会教育主事の資格】


■ 社会教育主事

社会教育主事として働くために必要な資格です。

資格を取得条件は本文を参考にしてください。

スポンサードリンク

 <  前の記事 彫金師  |  職業調べトップ  |  次の記事 グリーンキーパー  >