スポンサードリンク

職業調べTop >  職人・工芸品 >  彫金師

彫金師

彫金師は、彫金と呼ばれる金属をたがねを使って彫る技術を用いて指輪などの
アクセサリーや食器、建築物の装飾などを作ることを生業とする職人です。

彫金の技法としては、透かし・彫り・打ち出し・象眼などがあり、それらの技術を
使いこなし、さまざまな装飾品をデザインします。最近はではシルバーを使用した
装飾品が人気で、主流となっています。


彫金師は宝石メーカーやアクセサリーを製作する工房などに所属し、一人前になる
まで技術を身に付けて、その後独立開業することも可能です。


彫金師も他の伝統工芸の職人と変わらず、後継者不足に悩まされており、高い技術
を持つ彫金師の数は年々減っているようです。


彫金師になるには美術・芸術系の専門学校や美大には彫金を専攻するコースがある
ので、そこで彫金師に必要な知識と技術を学ぶことができます。


また彫金の技術は独学でも身につけられるためカルチャーセンターや彫金教室で
学ぶ方法もあります。


その後、彫金工房や彫金師のアシスタントとなって技術を磨くのが一般的です。


なかにはひと通りの技術を学んだ後、自分で製作した作品をインターネットで
販売するなどして、独立開業する人もいます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 雑誌ライター  |  職業調べトップ  |  次の記事 社会教育主事  >