スポンサードリンク

職業調べTop >  福祉・医療 >  助産師

助産師

助産師は妊婦の出産に立会い、出産を介助することをはじめ、妊娠から産後まで
の母子の保健指導や、妊婦が安心して出産できるように相談に応じるのが仕事
になります。

助産師は、女性の妊娠、出産、産後と場面ごとに応じて必要な措置および助言を
行い、出産介助をして新生児及び乳児のケアを医師の監督なしに行うことができます。


助産師は病院や地域の保健センター、診療所に勤務するほか、自分で助産所を
開業すること、助産師学校や大学などで講師として活躍することもできます。


助産所では、薬や器械はできるだけ使用せず、自然分娩での出産を促すよう手助け
しますが、最近はこの自然分娩が見直されており、助産所や自宅での出産を望む人
が増えてきており、 助産師の仕事に再び注目が集まっています。


助産師になるには看護師資格を取得した後、助産師学校等の助産師養成校で最低
6ヶ月以上の教育を受け、助産師国家試験に合格すると助産師免許が与えられます。


近年は助産師の職業の特殊性から、助産大学院も開設されています。


助産師の仕事に就けるのは今現在女性に限られており、特殊な専門知識・技術に
加えて、出産時の母子の安全を守るための適切な判断力と迅速な対応能力が求め
られます。


助産師の資格

■ 助産師国家試験

看護師教育修了後、助産師学校等の助産師養成校で最低6ヶ月以上の教育を
受け、助産師国家試験に合格すると助産師の資格が取得できます。


■ 看護師国家試験

高校卒業後、看護学校・短大・大学で3年以上学び、試験に合格すると看護師の
資格が取得できます。


関連団体:(社)日本助産師会
住所:〒102−0071 東京都千代田区富士見1−8−21
TEL: 03-3236-9910

スポンサードリンク

 <  前の記事 イベントプランナー  |  職業調べトップ  |  次の記事 ビューティアドバイザー(美容部員)  >