スポンサードリンク

職業調べTop >  不動産・建築関連 >  土木技術者

土木技術者

土木技術者は鉄道やトンネル、ダム、橋、上下水道などの建設に際して、計画、
調査、設計を行い、工事現場の指揮監督を務めるのが土木技術者です。

土木技術者の業務は規模が大きいため、建設予定地の地形や気象条件などを
調査し、建設計画を立て設計を行う設計分野と、工事の現場で工事方法や進行
計画を検討・決定して現場責任者に指示を出す、施工管理分野とに分けられ、
分業して作業を行います。


土木技術者は建設業や土木関連の会社に勤務して活躍するほか官公庁、各種
研究機関などの土木部門や電力、ガス、鉄道、不動産などの企業で働く事も可能
となっています。


土木技術者の活躍の幅は広いですが、景気の善し悪しでの採用人数の変動が
激しいのが特徴です。


設計を中心とする土木技術者は都市部で勤務することが多く、施工管理を中心と
する土木技術者は地方都市や山間地などを仕事場とすることが多くなります。


近年は国・地方自治体の財政悪化、環境破壊などの問題があり、公共事業を見直す
動きが強まっていることから土木事業は厳しい状況にあるといえます。


土木技術者になるには高校や大学で、土木・建設工学関連の学問を学んでいるか、
土木関連の資格をもっていると就職や特別手当などの待遇面で有利になります。


最近はより高度な土木、建設の専門知識や技術が要求されているうえ、大手企業
の採用は大学や大学院卒者が大半を占めているため、大学や大学院に進学する方
が有利でしょう。


【土木技術者の資格】


■ 公務員試験(T〜V種)

官公庁やそれに関連した機関などで働く土木技術者となるのに必要です。
土木などの試験区分を選んで受験します。


■ 土木施工管理技術士(1〜2級)

国土交通大臣指定機関が実施する土木工事やトンネル、ダム、橋梁工事などの
管理を行うために必要な国家資格です。受検には一定期間の実務経験が必要で
あり、最終学歴により異なります。


1級は、土木一式工事等に関し高度の応用能力を有する技術者として、指導監督的
    立場で現場の施工管理にあたれます。

2級は、「土木」「鋼構造物塗装」「薬液注入」の3種別に分かれます。


関連団体:(財)全国建設研修センター 土木試験課
住所:〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-30 サウスヒル永田町ビル
TEL:03-3581-0138

スポンサードリンク

 <  前の記事 DIYアドバイザー  |  職業調べトップ  |  次の記事 トラベルライター  >