スポンサードリンク

職業調べTop >  学術・研究 >  林業技術者

林業技術者

林業技術者は森林を再生可能な天然資源として維持・管理し、効率的な開発利用
を進めるとともに環境問題の研究などを行うのが仕事になります。

林業技術者は森林資源の紙・パルプ、建築用木材としての利用と酸性雨や無計画
な過剰伐採、山火事などによる森林資源の保護という相反する矛盾した状況の調和
を図る重要な役割を果たします。


また、数十年先を見越した森林の育成・維持、開発・利用についての治山計画を
まとめ実際の林業の現場で働く人とともに計画を実施するのも仕事のひとつです。


林業技術者は、公務員のとして林野庁、国土交通省、環境省などの官公庁や関連
機関の公的機関で働くほか、森林組合や材木、パルプ、観光開発、不動産会社など
民間企業でも活躍しています。


中央省庁や都心の企業に勤めた場合はデスクワークが中心になりますが、現場で
森林の管理、生産、研究を担当する場合は森林のある地域に定住したり出張所に
勤務することが多く、フィールドワークが中心なので給与は多少違ってきます。


林業技術者になるには高校、短大、大学などで林業に関連した専門知識を学んで
いるほうがよく農業高校や大学の農学部出身の林業技術者が多くなっています。


林業技術者と言っても、仕事の分野は幅広く、必要とされる専門知識も異なるので
自分の希望する分野で必要な専門知識は何なのかを踏まえたうえで進路を決める
ことが大切です。


(具体的には森林経営・保護には林学科や林産学科、森林植物の調査には生態学や
生物関係学、治水治山には土木工学や砂防学、材木の伐採、搬出には森林工学など)


官公庁、国公立の施設に勤めるには、公務員試験に合格してからは、さらに研修所
などで専門教育を受け、各部署に配属になります。


【林業技術者の資格】


■ 国家公務員試験(T〜V種)

官公庁やその関連機関で働く林業技術者となるのに必要です。
農学、林学などの試験区分から一つ選んで受験します。

■ 林業技士

森林を守りながら、合理的な林業経営とその指導を行う技術者を認定する資格です。


関連団体:(社) 日本森林技術協会 普及部 林業技士事務局
住所:〒102−0085 東京都千代田区六番町7
TEL:03−3261−6692

スポンサードリンク

 <  前の記事 水産技術者  |  職業調べトップ  |  次の記事 DIYアドバイザー  >