スポンサードリンク

職業調べTop >  学術・研究 >  水産技術者

水産技術者

水産技術者は水産資源を保護・増殖し、有効に利用するために水産業に関する
研究や技術開発を行うのが仕事です。

水産技術者は、安全で良質な水産物を消費者に届けるため、海・河川などの水産
資源の管理、養殖魚介類の品質改良をはじめてとして、漁法や漁具の開発といった
漁業技術の効率化やよりよい漁業環境をつくる水産土木事業、魚病の予防対策
などさまざまです。


水産技術者は公務員として独立行政法人・水産総合研究センターや都道府県の
水産試験場、漁業協同組合などで働くほか、民間の水産会社、水産食品加工会社、
養殖会社、漁具・釣具メーカーなどが活躍の場です。


また海洋環境調査、水産土木関係などに携わることもできます。


仕事内容や研究対象によっては、長期間船上で生活しながら水産生物の飼育や
調査することもあります。


夜間の業務や水産物を保蔵するための冷所での作業も考えられ、体力的には
かなりハードな分類にはいる仕事といえます。


水産技術者になるには水産業の基本的な知識のほか、自分の希望する水産技術
分野の専門知識を身につけるため水産生物資源、海洋環境、増養殖、利用加工、
環境保全などが学べる水産系の大学や大学院に入り専門の水産課程を修了する
のが一般的です。


公務員として独立行政法人や都道府県の試験研究機関などで働きたい場合は、
水産課程を置く学校を卒業し、公務員試験に合格する必要があります。


【水産技術者の資格】


■ 国家公務員(T〜V種)


独立行政法人や各自治体の水産試験場、漁業協同組合などで働く水産技術者
となるのに必要です。


農学、水産などの試験区分から一つ選んで受験しますがいずれも競争率が高く
難関試験となります。


■ 技術士(水産部門)


文部科学省轄の技術士国家資格のうちの1つで、資格を取得するためには、

@まず認定された教育機関を修了するか、
A技術士一次試験を受験して合格し(部門は何でも良い)、修習技術者となる

その後、実務経験を積み(4年〜7年、ただし大学院修了者は2年間短縮される)を
行った後で技術士2次試験を合格して、技術士 (水産部門)の登録を行います。


主催団体:日本技術士会(東京)
住所:〒 105-0001  東京都港区虎ノ門4−1−20  田中山ビル8階
TEL:事務局 03-3459-1331 試験センター(技術士登録係)03-3459-1333

スポンサードリンク

 <  前の記事 畜産技術者  |  職業調べトップ  |  次の記事 林業技術者  >