スポンサードリンク

職業調べTop >  学術・研究 >  畜産技術者

畜産技術者

畜産技術者の仕事は安全で質のよい畜産物を安定供給するため家畜の育種改良
や飼育管理、飼料用作物の生産技術の研究開発などに取り組み、畜産家に指導し、
普及させることです。

畜産技術者の主な仕事は家畜に適した飼育環境や飼料の与え方、人工授精の
方法、病気の予防法などを研究し、畜産家へ指導して普及を図ります。


また、牛乳や肉、卵などの畜産物の需給動向を分析して畜産家の利益向上の
ために飼料や市場価格の情報を提供し、経営を手助けすることもあります。


畜産技術者は畜産試験場などの公的な研究機関や関係団体を職場とすることが
多く、畜産技術者のほとんどが公務員や関連団体の職員です。


民間企業で働く場合は、乳製品などの食品メーカーや飼料メーカー、製薬会社など
の技術社員として働きます。


1人の畜産技術者がすべての家畜について精通するのは難しいので、畜産技術者
ごとに専門とする家畜の種類が決まっているのが普通です。


日本の畜産業は小規模経営が主体であるため畜産製品の価格が高く、海外の安い
牛肉や酪農製品といった輸入品に押され気味であるため、独自の技術開発や経営
努力が必要です。


特にバイオテクノロジー技術の実用化は最も望まれており、この分野での畜産
技術者に大きな期待が寄せられているのが現状です。


畜産技術者になるには高校や大学で畜産業について基礎知識と技術を学んだ後、
公務員として国の研究機関や各自治体の畜産研究所、農業改良普及センターに
就職するほか、乳製品などの食品会社や精肉会社、製薬会社に就職します。


【畜産技術者の資格】


■ 公務員試験(T〜V種)

公的な機関で畜産技術者として研究・開発に携わるには必要になります。
「畜産」「獣医」「農業」区分に合格するのが一般的です。


■ 普及指導員資格試験

公的な立場から生産者に技術指導を行う技術者としての資格です。

受験するには公務員や農協職員として実務経験が必要であり、大学院修了者は
2年以上、大卒者は4年以上、短大卒者は6年以上、高卒者は10年以上となって
います。


関連団体:農林水産省経営局普及課組織班
住所:〒100-8950 東京都千代田区霞が関1−2−1
TEL:03-3502-6468

スポンサードリンク

 <  前の記事 農業技術者  |  職業調べトップ  |  次の記事 水産技術者  >