スポンサードリンク

職業調べTop >  農業・漁業・牧場 >  農業技術者

農業技術者

農業技術者は、日本人の食生活を支える農業作物の安全性の検査をはじめ農業
生産技術の改良やバイオテクノロジー技術の農産物への応用など、農業に関わる
分野で研究・開発を行い、農作物の生産・流通の効率化をはかるのが仕事です。

農業技術者の業務は低コストで生産性の高い農産物の新品種や栽培技術の開発
に携わったり害虫・雑草・冷害対策を研究するほか、農家を対象に講習会や経営
セミナーを開いたり、農家を巡回して技術指導するなど多岐にわたります。


農業技術者は官公庁や全国の農業試験場をはじめ、農業環境技術研究所といった
公的な研究機関で研究・開発に携わるほか、普及指導センターなどで生産者に
技術指導を行う普及指導員として働く人もいます。


もちろん農協などの農業団体や、肥料、農業機械などのメーカーに勤めることもあり、
官公庁の採用枠は少ないため民間企業で働く技術者も多くいるようです。


農業を取り巻く環境は農業就業者の減少や高齢化、後継者不足、農産物の輸入増加、
水田の減反政策など問題が山積みのため優秀な農業技術者が望まれています。


農業技術者になるには農業系の高校や大学の農学系学部で農学の専門知識や技術
を身につけるのが一般的です。


農業技術者といっても仕事はさまざまなのでそれに合わせて農学、農芸化学、農業
経済学、農業工学などから学科を選ぶ必要があります。


また、民間企業や官公庁の研究職をめざすなら、大学院に進学した方が有利になります。
 

官公庁や地方自治体で働く場合は公務員試験を、生産者に技術指導を行う普及
指導員になるためには、公務員や農協職員として所定の実務経験を経た後、普及
指導員資格試験に合格する必要があります。


【農業技術者の資格】


■ 国家公務員(T〜V種)

官公庁やその関連機関で働く農業技術者となるのに必要です。
農学、農業土木など農業系の試験区分を一つ選んで受験します。


■ 普及指導員資格試験

高度な普及事業を担当する即戦力の技術者としての資格です。

受験するには実務経験が必要であり、大学院修了者は2年以上、大卒者は4年以上、
短大卒者は6年以上、高卒者は10年以上となっています。


関連団体:農林水産省経営局普及課組織班
住所:〒100-8950 東京都千代田区霞が関1−2−1
TEL:03-3502-6468

スポンサードリンク

 <  前の記事 食品技術者  |  職業調べトップ  |  次の記事 畜産技術者  >