スポンサードリンク

職業調べTop >  スポーツ関連 >  スポーツエージェント

スポーツエージェント

スポーツエージェントはスポーツ選手に代わり、選手の移籍や契約などの法的
問題やマネジメント、プロモーションなど選手をサポートする代理人のことです。

スポーツエージェントの仕事は、国境を越えたスポーツビジネスの分野で各国の
商慣習の違いや法律、条令の相違、複雑で多様な契約を専門的な知識を用いて
円滑に処理するエージェント業務を基本に、選手の商品価値を高め、より高額で
契約できるようプロモーション活動を行うマネジメント業務を行います。


スポーツ選手自らが移籍や契約に関することやプロモーション活動をおこなうこと
は相当のエネルギーと専門知識が必要になるので、本業であるプレーに支障が
でることが予想されます。


そのため選手の代わりにこれらの一切の業務をスポーツエージェントが引き受ける
わけです。


スポーツエージェントはエージェント会社で働くか、フリーランスで選手個人と契約
して働くことが一般的です。


スポーツエージェントの報酬は契約する選手の給与から支払われるため、高額で
選手の移籍を成功させたり、スポンサーをつければそれだけ自分の給料も増えます。


スポーツエージェントは対象とする競技によって異なりますが、ビジネス法規は
もちろん、外国語や経営管理能力、ビジネス教養などの能力が求められます。


スポーツエージェントになるにはエージェント会社に就職したうえで、将来は独立、
フリーランスで働くことを目標とするのが一般的です。


日本においてはまだまだスポーツエージェントの仕事に対する理解度や認知度が
低いため、現状は弁護士やサッカーのFIFA公認代理人のように、資格をもった人が
エージェントとして活躍することがほとんどです。


一応、スポーツエージェントに必要な知識を専門的に学べる専門学校があります。
 

スポンサードリンク

 <  前の記事 クラブDJ  |  職業調べトップ  |  次の記事 林業で働く(林業作業者)  >