スポンサードリンク

職業調べTop >  デザイン・芸術 >  インダストリアルデザイナー

インダストリアルデザイナー

インダストリアルデザイナーはボールペンから自動車、飛行機まで、一般的に
大量生産が可能なあらゆる工業製品をデザインするのが仕事です。

インダストリアルデザイナーは見た目だけでなく機能的にも優れたものを製品として
企画、デザインすることが求められる仕事でもあります。


インダストリアルデザイナーは新製品の企画内容に合わせて、試行錯誤しながら
デザインをスケッチし、クレイという特殊な粘土や発泡スチロール、紙などで立体
模型を作成した後、いくつか試作品を用意して企業の経営陣に商品化について
説明を行います。


基本的にインダストリアルデザイナーは衣類と室内家具以外の製品のほとんどを
手がけます。


インダストリアルデザイナーは就職先は製造メーカーの商品開発部などで工業
デザインのスペシャリストとして勤務しています。


個人事務所を開業している場合は企業と専属契約を結び、収入を得ることが多い
ようです。


仕事は情報や資料集め、打ち合わせや模型の作成など企画が立ち上がってから
ひと通り形になるまでは忙しく、勤務時間は不規則で、連日泊り込みで働く人も
多いようです。


インダストリアルデザイナーになるには工業デザインを学べる大学や専門学校を
卒業してからメーカーの開発室、デザイン室、設計部門やデザイン事務所に就職
する必要があります。


メーカーの違いによる製品の技術的な差は現在ほとんどなくなっている状態なので、
デザインに力を入れ製品の独自性をアピールする傾向が強まっています。


当然、インダストリアルデザイナーのに対する期待も高まっており、今後は女性
のインダストリアルデザイナーの活躍も期待されています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 テキスタイルデザイナー  |  職業調べトップ  |  次の記事 入国審査官  >