スポンサードリンク

職業調べTop >  デザイン・芸術 >  テキスタイルデザイナー

テキスタイルデザイナー

テキスタイルデザイナーは洋服をはじめとしてネクタイなど身の回りの布地の
素材や柄のパターンをデザインするのが仕事です。
 

テキスタイルデザイナーがつくる布地は洋服はもちろんのこと、着物、カーテンや
絨毯などのインテリア用品、ヨットの帆、旗などにまで幅広く使われるます。


具体的に仕事はファッションデザイナーが描いたデザイン画をもとに素材を選び、
サンプルをつくりながら織り方を工夫したり修正を繰り返し生地をを完成させて
いきます。


生地の質感や色出しは、扱う素材や糸の染色方法、加工方法によって異なるので
その生地の用途を考えた場合の機能上の特徴なども考えなければなりません。


普通、テキスタイルデザイナーは糸選び、プリント染色デザイン、生地デザインと
専門に分かれての作業を行います。


テキスタルデザイナーはアパレルメーカーや繊維メーカーなどに勤務する人が
ほとんどで実力次第ではフリーで活躍することもできます。


収入は実績や知名度によって変りますが、図案1枚いくらという形で計算するのが
一般的です。


テキスタルデザイナーになるには服飾・デザイン・工芸系の大学や専門学校など
でテキスタイルや染色、デザインの専門的な基礎知識をを学んでからアパレル
メーカーや繊維メーカー、生地問屋に就職します。

スポンサードリンク

 <  前の記事 キーパンチャー  |  職業調べトップ  |  次の記事 インダストリアルデザイナー  >