スポンサードリンク

職業調べTop >  コンピュータ関連 >  キーパンチャー

キーパンチャー

キーパンチャーは手書きの契約申込書やアンケート、統計データなどの原稿や
データをコンピューター処理できるような形でコンピューター内にタイピングして
入力することが仕事になります。

キーパンチャーは企業や団体が扱う多種多様な原稿やデータをコンピュータ処理
できるようにするためコンピュータに入力していきます。


原稿や資料、データは膨大な量になることがほとんどで、データも手書きのものが
多く、平仮名漢字、数字、英文の入り組んだデータを正確に速く入力することが
求められます。


キーパンチャーは、データ処理会社やシステム会社で働くことが多く、データ入力
という分類で派遣社員が募集されていることもあります。


キーパンチャーの仕事は入力と検査に分かれていて、経験の浅いキーパンチャー
は、入力を主に担当し、熟練者が入力してある同じデータを再入力する検査を
担当します。


キーパンチャーになるには特に資格などは必要ありません。


ただ仕事上、キーボードを見ないでも打ち込める速度と正確さが求められるため
ブラインドタッチができることが必須となります。


【キーパンチャーの資格】


■ キーボード操作技能認定試験(キータッチ2000テスト)


タッチタイピングの技能を証明する試験であり、合否を判定するものではなく試験
時間中(10分間)に入力できた文字数で技能を証明します。


試験は試験用CD−ROMを使って行う「CD−ROM試験」と、ネット試験会場で
インターネットから試験問題をダウンロードして行う「ネット試験」の2種類があります。


問い合わせ先:全国の商工会議所

スポンサードリンク

 <  前の記事 大学職員  |  職業調べトップ  |  次の記事 テキスタイルデザイナー  >