スポンサードリンク

職業調べTop >  法律・会計・経営 >  大学職員

大学職員

大学職員の仕事は学生課や就職課などで学生相手にさまざまなアドバイスしたり、
管理担当として総務、会計など一般企業の事務職と同様の業務を行います。

大学職員の仕事範囲は幅広く、多岐にわたります。

・給与の計算、
・学籍簿の管理、
・人事上の事務手続き、
・学校の備品、設備の購入および管理、
・各種証明書の発行などの大学の管理運営業務
・カリキュラム・教育制度の企画立案・改革推進、
・研究活動支援、
・学生指導、
・進路開拓、
・広報・学生募集    など


学生課や就職課などの現場で働く場合は学生達を直接相手にして悩みや相談など
にものりますが、庶務、会計、管財などの管理担当になると学生と顔をあわせること
はほとんどありません。


大学職員の職場は国公立私立の大学になり、求人は少ないものの毎年募集されて
いるようです。


大学によっては日本トップの優良企業以上に経営が安定しているところもありことを
はじめ、大学職員の給与も良く、勤務時間は規則的で、残業も少ないなど待遇面で
安定したイメージがあるため応募者も多く、就職は難関です。


大学職員になるには国公立の大学の場合、地区国立大学法人等職員採用試験
委員会が行う国立大学法人等職員採用試験を受ける必要があり、私立大学の場合
は、大学側が独自に職員募集を行うことが一般的です。


● 大学職員についてのおすすめサイト

【大学職員への道】
大学職員になるための応援サイト。勉強方法、面接・筆記試験内容、
募集状況等詳しく載ってます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 セールスエンジニア  |  職業調べトップ  |  次の記事 キーパンチャー  >