スポンサードリンク

職業調べTop >  農業・漁業・牧場 >  環境計量士

環境計量士

環境計量士は自治体や企業の依頼に応じて公害防止策や環境対策を講じるため
に必要な公害被害のデータを数値として算出する汚染濃度や騒音を測定・分析を
する専門家です。

環境計量士の業務は、排煙や生活排水などによる水質・土壌・大気の汚染濃度
を測定分析する濃度関係と、建設現場や道路の騒音などを測定分析する騒音・
振動関係があります。(環境計量士資格により区分されます。)


環境計量士は計量器の検査など計量管理に関わる仕事を行い、測定対象に
合わせて適切な分析方法を決定。測定に従事する人を指導し結果を分析します。


環境計量士は環境計量士の有資格者を置くことが義務づけられている計量証明
事務所をはじめ、環境に関するコンサルティング業を行う企業で働くことが多いです。


また、環境計量士になるには環境計量士の資格をする必要があります。


資格を取得するには、計量士国家試験に合格するか、独立行政法人産業技術総合
研究所の課程を修了するかの2通りがあり、いずれの場合も経済産業大臣に登録
したのち取得が認められます。


大学・短大・専門学校などの化学系学科で学んでいると試験には有利ですが、
就職では資格があることより英語ができるほうが有利であるといいます。


環境計量の技術は、日々高度化しており、資格取得後も新たな技術の習得や技能
向上に努めることが大切です。


また、新たな有害化学物質による環境汚染も問題となっているので、微量化学物質
(ダイオキシン類)の分析方法も採用・追加されています。


【環境計量士の資格】


■ 環境計量士


大気汚染の濃度や、騒音、振動レベルの測定業務に携わるために必要な国家
資格です。環境計量士の資格には「濃度関係」と「騒音・振動関係」の2種類が
あり、試験もそれに応じて区分されています。


環境計量士として登録を受けるには実務経験が必要になります。


関連団体:経済産業省産業技術環境局知的基盤課計量行政室
住所:〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1
TEL:03-3501-1688

スポンサードリンク

 <  前の記事 葬儀屋  |  職業調べトップ  |  次の記事 医学研究者  >