スポンサードリンク

職業調べTop >  その他 >  消費生活アドバイザー

消費生活アドバイザー

消費生活アドバイザーは消費者からの商品やサービスに関する相談や苦情に
対して専門知識を生かした的確なアドバイスをするのが仕事になります。

消費生活アドバイザーは消費者と企業を結ぶパイプ役として消費者の生の声を
聞いて、消費者が今何を求めているかといったニーズをつかみ、企業に伝えること
で、商品やサービスの提案するのが、消費生活アドバイザーの役割です。


消費者生活アドバイザーは企業のお客様相談センターや消費者センターをはじめ、
地方自治体の商品テスト機関など幅広い分野に活躍の場があり、正社員、パート、
派遣などさまざまで女性を中心に主婦でも働きやすい環境にあるようです。


職場によっては、悪質なキャッチセールスや訪問販売などの悪徳商法に対する
苦情や相談にも応じることがあります。


消費生活アドバイザーになるにはお客様相談センターや消費者センターなどの
消費者関連担当部門で働きます。


企業で働く場合はその企業にとっての「窓口」となるので人間性が重要視されます。


資格は必須ではありませんが、日本産業協会主催の消費生活アドバイザーの資格が
あるので取得していると昇給・昇格に有利かもしれません。


電話での相談業務も多いので、消費者の相談に冷静に対処し、内容に対して適切に
わかりやすく説明できることが大切です。


【消費生活アドバイザーの資格】


■ 消費生活アドバイザー


企業または行政等と消費者の架け橋となるのが、消費生活アドバイザーです。
消費者のよきアドバイザーとして活躍できます。

受検資格はなく、試験科目は、1次が択式で、衣食住の生活全般から関連法規、
消費者問題などが問われます。2次試験は論文、面接で有資格者の6割は女性です。


主催団体:(財)日本産業協会
住所:〒101-0047 東京都千代田区内神田2-11-1 島田ビル3F
TEL:03-3256-7731

スポンサードリンク

 <  前の記事 ブライダルコーディネーター  |  職業調べトップ  |  次の記事 児童相談員  >