スポンサードリンク

職業調べTop >  コンピュータ関連 >  ソフトウエア開発技術者

ソフトウエア開発技術者

ソフトウエア開発技術者はコンピュータシステムの指揮系統を司る頭脳部分で
あるソフトウエアの開発を行うのが仕事になります。


ソフトウエア開発技術者は、システムエンジニアが設計、開発するコンピュータ
システムのベースとなるソフトウェア開発において、チームリーダーとして設計・
プログラミング・動作テストまでの一連のプロセスを取りまとめます。


具体的な仕事内容について触れるとユーザーに合った情報システム開発や運用
を考えながら内部設計書やプログラム設計書を作成して、効果的なプログラムの
開発を行い、単体テスト、結合テストまでの一連のプロセスを担当し、終了後は
問題点の分析も行います。


ソフトウエア開発技術者はコンピュータのソフトメーカーやソフトウエア開発、販売
会社で働き、最近は派遣会社に登録して派遣社員として働くこともあります。


ソフト開発技術者になるには大学や専門学校で専門的な情報処理教育を受けた人
の方が就職では有利になるはずです。


仕事の現場でプログラムの開発、設計などの経験を積み必須ではありませんが
情報処理技術者試験で資格を取得すればキャリアアップにつながります。


ソフト開発技術者には最新技術を吸収しようとする探求心と、企画力が求められます。


【ソフトウエア技術者の資格】


■ 情報処理技術者試験(ソフトウェア開発技術者)


ソフトウェア開発技術者はソフトウェア開発における中枢を担う基本情報技術者
の国家資格で、試験区分改正前の第1種情報処理技術者に相当します。


運営機関:独立行政法人情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター
住所:〒113−8663 東京都文京区本駒込2-28-8
    文京グリーンコートセンターオフィス15F
TEL:03−5978−7600


● ソフトウエア技術者関連のおすすめサイトです。

【ソフトウェア開発技術者試験受験者のための総合支援ページ】
ソフトウェア開発技術者試験の出題傾向を分析し紹介しています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 マーシャラー  |  職業調べトップ  |  次の記事 ブライダルコーディネーター  >