スポンサードリンク

職業調べTop >  車両・航空・船舶 >  マーシャラー

マーシャラー

マーシャラーは飛行機が指示されたスポット(駐機場)の定められた位置に安全
・確実に止まれるようにパイロットに誘導信号を送り誘導するのが仕事です。

飛行機のコックピット内のパイロットからは飛行機の停止位置が見えないため、
マーシャラーがリフトの上からパドルで、旋回・直進・徐行・停止の各種合図を送り、
飛行機をボーディングブリッジの降機口にくっつけるように誘導します。


また、航空機は基本的にバックができないため、停止位置が大きくずれたときには
トーイングトラクターで飛行機を牽引するのもマーシャラーの仕事のひとつです。


マーシャラーは航空会社の関連会社に所属し、全国の飛行場が職場になります。
資格は特に必要ではなく、最近は、女性の進出も多いようです。


マーシャラーになるには空港サービス科のある専門学校を卒業して、空港業務
総代理店やハンドリング会社などに入社後、空港で勤務するのが一般的です。


採用された後は航空の知識を学び、専門の訓練を受けて社内試験に合格すると
晴れてマーシャラーとなります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 税務職員  |  職業調べトップ  |  次の記事 ソフトウエア開発技術者  >