スポンサードリンク

職業調べTop >  語学・国際 >  貿易事務員

貿易事務員

貿易事務員は輸出や輸入といった取り引きに関する通関書類の作成から電話や
メールでの商品受発注、売掛金の回収・買掛金の支払いなどが仕事になります。

貿易事務員は貿易の自由化、ビジネスのグローバル化が進むなか非常に注目を
あびる存在になってきており、貿易実務のエキスパートに対する企業のニーズは
年々高くなっています。


貿易事務の業務は英語の書類に関わることも多いため英語力を活かせる仕事です。


貿易事務員は商社や製品の輸出入を行うメーカーをはじめ、海外と直接やりとりを
する海外事業部を持つ企業で働くことが一般的で、派遣社員として働く人も増えて
います。


非常にやりがいのある貿易事務という仕事ですが時差のある海外との取り引きが
あるため、時間外勤務が多くなりがちなところが玉にキズです。


貿易事務員になるには商社や海外と取引のあるメーカー、企業に入社する必要が
あります。


契約書や書類を作成する際に英語が必要になるので英語検定2級程度の英語力が
必要で、英語資格の有無を採用の条件にしている企業も多いようです。


また輸出入に関する法律知識も必須となるため貿易実務検定の資格を取得している
と就職や転職の幅が広がり有利になるでしょう。


【貿易事務員の資格】


■ 貿易実務検定


国際間のモノの売買に必要な貿易実務の総合的な知識や、貿易英語の基礎能力
を判定する検定試験です。


貿易実務検定にはA級、準A級、B級、C級の4ランクがあります。


主催団体:日本貿易実務検定協会(R)
住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-14-17 アルテール新宿204
TEL:03-3365-1566

スポンサードリンク

 <  前の記事 ブックデザイナー(装丁家)  |  職業調べトップ  |  次の記事 税務職員  >