スポンサードリンク

職業調べTop >  デザイン・芸術 >  ブックデザイナー(装丁家)

ブックデザイナー(装丁家)

ブックデザイナーは思わず手に取り、読みたくなるように読者に感じさせる本の
カバーや表紙のデザインを行う本の演出を仕事とします。

ブックデザイナーは、本のカバーや表紙をデザインすることを装丁というため装丁家
という呼び方をされることも多いようです。


ブックデザイナーはデザインを任された小説やエッセイ集、また企画本の内容を理解
してから、その本の世界観・イメージを膨らませて、タイトルを付けたカバーから本文紙、
表紙など、一冊の本の全体を絵画やイラスト、写真を使いデザインしていきます。


本の表紙などのデザインが本の売れ行きに影響することもあるため、ブックデザイナー
として有名になると作家から直接指名を受けて仕事をすることもあります。


ブックデザイナーは出版社や雑誌・書籍などのデザイン事務所に所属して働くのが
一般的ですが、グラフィックデザインや広告デザイン、文字デザインの分野と平行して
ブックデザインも同様に手がける人もいるようです。


ブックデザイナーになるにはデザインの基礎を美術系の専門学校や美術系大学で
学び、多くはブックデザインの事務所に入ったり、現在活躍しているブックデザイナー
のアシスタントとして仕事の現場で必要な技術や知識を学んでいきます。


良質なデザインをするブックデザイナーには出版社から仕事の注文が殺到するので、
独立して自分の事務所をつくる人も多く、他のデザイン分野からの転身組もいます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 映画監督  |  職業調べトップ  |  次の記事 貿易事務員  >