スポンサードリンク

職業調べTop >  マスコミ・芸能 >  映画監督

映画監督

映画監督は映画制作の準備から仕上げまで現場作業のすべての決定権を握る
最高責任者で脚本家やカメラマン、照明、俳優など多くのスタッフをまとめ映画を
つくるのが仕事です。

映画監督は映画の脚本とストーリーが決まると撮影スケジュールに沿って、シナリオ
を煮詰めながら、絵コンテの作成、ロケハン、衣装、カメラポジションの確認、俳優の
キャスティングや演技指導など自身の監督する映画作品のすべての作業と工程に
携わります。


映画の撮影に入ると働く時間は早朝、深夜を問わない不規則なものになりがちで、
ほとんど休む暇もありません。


映画の撮影が終わると今度は映画の編集そして公開に向けた宣伝活動を行います。


映画監督になる方法はさまざまで、大学や専門学校で映画作りの勉強をしてから
映画会社に入社し、助監督として経験を積んでから監督になるのが一般的ですが、
脚本家やテレビ番組のディレクター、作家やタレントから映画監督に転身する人も
なかにはいます。


映画監督には映像的センスはもちろんですが、多くのスタッフを束ねる統率力や
指導力も必要となってきます。


昔と比べ映画監督への門戸が広がったため8ミリ映画、アマチュアビデオ映画の
コンクールで認められ、映画監督になる若者も増えてきました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 ホスト  |  職業調べトップ  |  次の記事 ブックデザイナー(装丁家)  >