スポンサードリンク

職業調べTop >  車両・航空・船舶 >  パイロット

パイロット

パイロットは小型飛行機から大型の定期旅客機まで航空機を操縦する専門家を
いいます。パイロットは航空業界にあこがれる男子にとっては憧れの職業です。


パイロットは大別して2つに分けられますが、航空会社に勤務する旅客機を操縦
するパイロットと航空写真などを手がける事業用としての小型機、チャーター機の
パイロットがいます。


旅客用の航空機などは機長と副操縦士の二人で操縦を行いますが、農薬散布や
遊覧飛行などの事業用の小型飛行機の操縦は一人のパイロットが行います。


パイロットは航空会社に勤務する場合、給与は基本賃金と乗務手当に分かれて
おり、年収は一般の地上職の約3倍ぐらいですが、乗務する機種や会社の規模
によって給料に差はあります。


パイロットの休日は数日間乗務したあと、数日間休日をとるかたちになります。


パイロットになるには航空会社のパイロットになる場合、大学を卒業後、航空会社が
行うパイロットの採用試験に合格するか、航空大学校に入学し、2年間の訓練を受け
その後に航空会社に入社する方法があります。


航空機を操縦するには操縦士の資格が必要なので入社後も訓練や実務の中で
旅客機の副操縦士なら事業用操縦士の資格、機長なら一段階上の定期運送用
操縦士の資格を取得する必要があります。


また、無線に関する免許も必要になるなどパイロットになるには実にさまざまな
資格が必要になります。


パイロットは操縦士の資格を取得しても定期的に行われる技量試験と身体検査に
合格できなければパイロットとして乗務することはできなくなるなど自己管理力に
厳しさが問われます。


乗務する機種に応じた知識と技能証明のほかに管制塔と交信するための英語力
と数多くの条件を要求されるのがパイロットです。


【パイロットの資格】


■ 定期運送用操縦士

国内線・国際線の定期航空路のパイロット資格で、機長には必須です。


■ 事業用操縦士

航空機使用事業のための飛行機を操縦できる資格です。ある程度の飛行経験
が必要です。

航空大学校などのパイロット養成機関を修了し、試験に合格すると事業用
操縦士資格と計器飛行証明を取得できます。


● パイロット関連おすすめサイト

【めざせパイロット】
パイロットになるための情報、航空大学校、雑学クイズ等。

スポンサードリンク

 <  前の記事 造園士  |  職業調べトップ  |  次の記事 舞台演出家  >