スポンサードリンク

職業調べTop >  福祉・医療 >  理学療法士

理学療法士

理学療法士の仕事は病気や事故でのケガなどが原因で身体に障害をもつ患者
に対して、身体機能の回復や維持をはかるための訓練や指導を行うことです。

理学療法士は、患者の身体機能の回復と自立を促すために医師の指示のもと患者
の障害の状況、年齢、性別などに合わせた治療計画を立て、患者が日常生活に
復帰できるように歩行訓練、筋力トレーニングなどの身体機能を取り戻すリハビリ
テーションを指導します。


理学療法士の基本的な治療は運動療法が中心ですが、超音波や電気刺激などの
物理療法も併用します。


また身体が不自由になり、精神的に落ち込んでしまっている患者も多いため精神面
をサポートすることも理学療法士の欠かせない仕事のひとつになります。


理学療法士の勤務先は病院やリハビリテーションセンターが多いですが、社会の
高齢化が進むにつれ、老人保健施設などで働くことも多くなっています。


また患者の身体を支えるなどの力仕事があることが影響しているのか理学療法士
のほとんどが男性です。


理学療法士になるには理学療法士の養成校を卒業するか、3年制の短大もしくは、
4年制の大学を卒業後理学療法士国家試験に合格する必要があります。


地道で根気強さが問われる仕事ですが、高齢化が進む現在、理学療法士への
需要はますます増大され、期待されています。


【理学療法士の資格】


■ 理学療法士

理学療法士国家試験を受けます。

受験資格は、高校卒業後、理学療法士を養成する大学・短大または養成施設で
3年以上専門知識・技能を修得した者になります。


関連機関:厚生労働省各地方厚生局または地方厚生支局
       厚生労働省医政局医事課試験免許室
住所:〒100−8916 東京都千代田区霞が関1−2−2
TEL:03−(5253)−1111


● 理学療法士についてさらに深く学べるサイト

【おしえて!理学療法士情報】
現役理学療法士が監修している理学療法士の仕事内容、資格、
就職等についての情報サイトです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 職業訓練指導員  |  職業調べトップ  |  次の記事 カスタマーエンジニア  >