スポンサードリンク

職業調べTop >  マスコミ・芸能 >  新聞記者

新聞記者

新聞記者は世の中で起きているさまざまな事件や事象を公正な立場で取材して、
それを新聞の記事にまとめるのが仕事です。

新聞記者は人々の暮らしの中の出来事を追う取材から、行政取材、警察取材まで、
世の中で起こっているニュースを追って昼夜問わず飛び回り、現在、世間で起こって
いるか、時代や社会を分析して、提言する記事を書くのが仕事です。


新聞記者の勤務先は日本に100社以上ある新聞社の編集局です。


新聞社の編集局は政治、経済、社会、地方、文化、運動などの部署に分かれて
いて、各分野の専門の記者が取材と執筆を行います。


新聞記者の勤務時間は担当する紙面や取材対象によって異なりますが、基本的に
不規則で、徹夜も多く、突発的な事件や事故が起きた場合は、休日を返上して働く
こともあります。


新聞記者には文章力、幅広い知識、行動力が要求され、単に事実を取材・記事に
するのではなく、その問題の論点や読者が望んでいるものを念頭において活動する
視点が必要です。


新聞記者になるには新聞社に入社する必要がありますが、最低でも4年制大学を
卒業していて年齢は25〜32歳ぐらいで心身ともに健康であることが条件になります。


入社後は研修を受け、地方支局での地道な取材で基礎を身につけてから本人の
適正、希望を考慮して本社や支社勤務となります。


資格取得に役立つスクール・講座・専門学校



【無料】気になる学校にカンタン一括資料請求!

学校情報サイト「日本の学校」では、地域、職業、資格別に本格的に学べる専門学校、
大学、短大を全国から検索して、無料で資料を請求することができます。
希望する条件から検索可能なマッチング検索のほか適職診断、適学診断もできます。


転職先を探してみる

最適なキャリアプランを無料でサポート!【type】

転職情報誌「type」の人材紹介サイトでは、
キャリアアドバイザーによる無料転職サポートを行っています。
カウンセリングを通じ、あなたにピッタリの企業を大手企業からベンチャー企業まで探し出し、
企業を紹介してもらうことができる他、プロの目から見た職務経歴書の書き方や面接について
のノウハウをアドバイスをしてもらえます。転職で後悔しないためにもプロへの相談から
始めてみてはいかがですか?もちろん転職まで費用はかかりません。


派遣を考える



リクナビ派遣

リクナビ派遣に登録しておくと、仕事探しに役立つ情報メールや、希望条件を
登録した場合には条件に合った新着求人情報を受け取ることができるなど
仕事探しに便利です。登録はもちろん、仕事や派遣会社へのエントリーも無料です。
紹介予定派遣も掲載されています。


バイトで探してみる



フロム・エーナビ

アルバイト・仕事探しといえば【フロム・エー ナビ】。  
関東・関西・東海エリアを中心に職種や勤務地、人気のテーマなどから希望の
アルバイトが検索が可能です。インターネットから応募できるのでわずらわしい電話は
一切不要です。特集は月・木更新なのでチェック!!

スポンサードリンク

 <  前の記事 航海士  |  職業調べトップ  |  次の記事 米国公認会計士(CPA)  >