スポンサードリンク

職業調べTop >  車両・航空・船舶 >  潜水士

潜水士

潜水士は水中においてサルヴェージや掘削などの土木作業、他にも海洋開発、
テレビ撮影など、潜水具を身に付けさまざまな水中作業を行うのが仕事です。

潜水士の仕事は防波堤や岸壁などの基礎工事で水中溶接など港湾建設に関わる
ことが多いのですが、それ以外にも海難救助や環境調査、生態系調査などで活躍
することもあります。


潜水士は海洋・港湾建設会社などに勤務するほかにも、船底の補修作業、漁業
などに従事する者、海上保安庁などに勤務し災害時の救助活動やマスコミ関係に
勤務して水中撮影などで活躍することもできます。


また、一般的に潜水士は危険な作業が多いので高収入といわれています。


体力勝負の仕事なだけに港湾工事などに従事する潜水士は男性がほとんどです。


作業は潜水士、連絡員、送気員のチームで行い、潜水深度や潜水時間を慎重に
管理し、船上と連絡を取り合って作業を進めます。


潜水士の世界は職人の世界と似ており師弟関係が明確に区分されています。


そのため潜水士免許をもっていても最初の1、2年は潜らせてもらえず、空気を送る
送気員、連絡員と陸回りの仕事を覚えてからはじめて、潜らせてもらうことができる
ようで、それから徐々に難度が高い作業を任されるようになります。


一人前の潜水士になる頃には潜水作業に関連した免許や資格が10種類以上に
なるといわれています。


潜水士になるには潜水士国家試験に合格して免許を取得する必要があり、各地で
実施されている受験準備講習会を受講します。


最近は民間のダイビングスクールのほか、水産系の大学や高校でも潜水技術の
指導を行うところが増えています。

【潜水士の資格】


■ 潜水士

国家資格で、受験資格は18歳以上です。学科試験のみで年4回行われます。

主催団体:(財)安全衛生技術試験協会
住所:〒101-0065 東京都千代田区西神田3−8−1
TEL: 03-5275-1088

スポンサードリンク

 <  前の記事 客船パーサー  |  職業調べトップ  |  次の記事 大学教授  >