スポンサードリンク

職業調べTop >  語学・国際 >  米国公認会計士(CPA)

米国公認会計士(CPA)

米国公認会計士(CPA)は国際会計基準のベースとなる米国式会計基準に
精通するエキスパートのことで財務会計業務に加え、コンサルティング業務を
行うのも仕事のうちです。


米国公認会計士の資格が生まれた背景には、経済が国際化するにつれ、その国
独自の会計制度が企業の国際的な活動に支障をきたすことが問題になったため、
米国の会計基準をベースにした国際会計基準(IAS)が導入されたことがあります。


これにより、米国会計基準を熟知し、財務情報を読み取ることのできる米国公認
会計士が注目を浴びるようになり、国際間のビジネスには欠かせない存在となった
わけです。


米国公認会計士の仕事内容は日本の公認会計士と同様、契約を結んでいる企業へ
出かけ、帳簿類のチェックや銀行預金などを確認し、会計処理が適正かどうか意見
をまとめた監査報告書を作成します。


それ以外にも国際税務・国際ビジネスコンサルティング業務など国際的な基準から
見た企業についてのアドバイスをすることがあります。


勤務先は、主に外資系企業、監査法人、経営コンサルティング会社などで、米国
公認会計士の資格は金融関係から各種メーカーに至るまで、あらゆる業種で高く
評価されているため転職を考えたときこの資格があることは非常に有利です。


米国公認会計士になるには全米各州で実施されている米国公認会計士試験の
合格が必須になります。


独学では、米国公認会計士の合格は難しいとされ、学校や会社のかたわら資格
スクールなどに通い、合格を目指すのが無難な方法です。


【米国公認会計士の資格】


■ 米国公認会計士試験

受験資格は原則4年制大学卒業者または卒業見込みです。

試験科目は
(1)監査および証明義務(2)財務会計(3)法規(4)ビジネス環境と諸概念の4科目。

試験はもちろん英語ですが、主に選択問題で口述試験はありません。
また全科目を18ヶ月以内に合格する必要があります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 新聞記者  |  職業調べトップ  |  次の記事 DTPオペレーター  >