スポンサードリンク

職業調べTop >  旅行・運輸 >  客船パーサー

客船パーサー

客船パーサーは客船の乗下船の際の窓口業務、入国手続きといった事務以外
にもさまざまなサービスで海に浮かぶホテルと呼ばれるのにふさわしい最高級
のもてなしをお客に提供するのが仕事です。

客船パーサーは職種とサービスの内容によって呼称がさまざまに分かれます。


サービスの責任者であるチーフパーサー、船内サービスの運営をするパーサー、
フロントでコンシェルジェの役割を果たすフロントパーサー、経理や事務担当の
サードパーサー、ハウスキーピングなど最もお客の身近な部分を世話するホテル
サービスクルー、食事の準備をするクック・ベーカーなどが代表的です。


客船でのクルージングというと世界一周旅行などの長期間の旅を思い浮かべると
思い浮かべますが、実際は、クリスマスクルージング、花火大会クルーズなどの
1泊や2泊ほどの小さな旅もあります。


船に滞在する時間は航海によって異なりますが、外航客船に乗船するとなると
1年の半分は海上で過ごすことになります。


客船パーサーは長いクルーズでは乗船期間のほとんどを休みなしで働くということ
もあるので、体力とともに精神的な強さも必要になり、船や海や旅行が好きなという
だけではとても務まりません。


客船パーサーになるには旅客サービス系の専門学校や短大、大学を卒業し、客船
会社、クルーズ会社に就職します。


客船パーサーには特に必要な資格などはありませんが、会社によっては、4年制の
大学を卒業していることが条件のところがあります。


ホテルと同様に客船の窓口となるフロントパーサーには、外国人客に対応することも
あるのである程度の英語力が必要になります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 客室乗務員  |  職業調べトップ  |  次の記事 潜水士  >