スポンサードリンク

職業調べTop >  語学・国際 >  バイヤー

バイヤー

バイヤーは日常雑貨から衣料品、玩具、高級ブランド品、骨董品や美術品まで
ジャンルはさまざまですが、売れ筋の品物を見極め、問屋から商品を買い付ける
というのが仕事になります。


バイヤーは、仕入れ業務を一手に引き受けているため仕事の責任は重大であり
常に最新トレンドの流れを読み、新しいブランドを開拓するためにリサーチを重ね、
限られた予算内で店のコンセプトに基づいて、魅力的な品揃えができるかどうか
を問われます。


商品を手ごろな値段で仕入れるためにも海外まで出向くことも多く、仕入れたと
しても商品が売れなければ、それはそのまま不良在庫となるので品定めをする
目利きとセンス、経験が必要になります。


買い付けが終われば、その後会社で商品の販売元と連絡を取って追加発注を
かけたり価格設定、販売戦略を考えたりと忙しいようです。


バイヤーはデパートや専門店の買い付け部門の社員として勤務することが多く、
また、フリーで活躍するバイヤーもおり、インターネットを使い通販を手がける場合
はオーナー兼バイヤーとして働く人もいます。


バイヤーになるには百貨店、スーパー、総合商社に就職してから買い付け部門に
配属されることが必要になります。


特に資格はいりませんが、扱う品物によって、専門化・細分化している世界なので
特別な知識や人脈を必要とする場合は、専門店に就職して買い付け部門で交渉
の技術、適正価格を算出する計算力、問屋との付き合い方を学ぶ必要があります。

転職先を探してみる


最適なキャリアプランを無料でサポート!【type】

転職情報誌「type」の人材紹介サイトでは、
キャリアアドバイザーによる無料転職サポートを行っています。
カウンセリングを通じ、あなたにピッタリの企業を大手企業からベンチャー企業まで探し出し、
企業を紹介してもらうことができる他、プロの目から見た職務経歴書の書き方や面接について
のノウハウをアドバイスをしてもらえます。転職で後悔しないためにもプロへの相談から
始めてみてはいかがですか?もちろん転職まで費用はかかりません。


派遣を考える



リクナビ派遣

リクナビ派遣に登録しておくと、仕事探しに役立つ情報メールや、希望条件を
登録した場合には条件に合った新着求人情報を受け取ることができるなど
仕事探しに便利です。登録はもちろん、仕事や派遣会社へのエントリーも無料です。
紹介予定派遣も掲載されています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 ベビーシッター  |  職業調べトップ  |  次の記事 大工  >