スポンサードリンク

職業調べTop >  不動産・建築関連 >  CADオペレーター

CADオペレーター

CADオペレーターは設計者の指示に従って、建物や機械などの様々な設計図
を専用のソフトを使ってコンピューター上で正確に書きおこすことが仕事になります。

CADシステムとは、専用の製図ソフトを使いコンピュータで設計やデザインを行う
ことで、このCADシステムを用いて図面を作成すると設計図の修正や変更が簡単
にできるため業務の効率化に役立ちます。


パソコンなどによるオートメーション化が進む建築業界、特に設計製図関係の職場
ではCADオペレーターは今や欠かせない存在になっています。


CADオペレーターの勤務先は、建設会社や設計事務所をはじめとして住宅、電気
機器、音響機器、自動車などのメーカーの設計部門などが多く、研究開発、企画
設計、製造、建設の各工程で必要な図面データを作成します。


3次元CADシステムを扱えるオペレーターのほうが需要もあり賃金も高いです。


CADオペレーターになるにはコンピュータ操作やCADソフトの知識のほか、設計
製図の知識が必要になるので、専門学校などで必要な知識・技能を学ぶのが
よいでしょう。


またCADオペレーターにはいくつかの資格試験があるのでそれらの資格を持って
いると就職や給料に差が出ます。


今後はCADオペレーターが設計技者に代わって設計を仕上げ、図面作成などを
行う機会が増えていくと予想されています。


【CADオペレーターの資格】


■ CADトレース技能審査

CADトレース能力を評価する審査。機械部門と建築部門があり、
それぞれ初級・中級・上級があります。


運営機関:中央職業能力開発協会
住所:〒112−8503 東京都文京区小石川1−4−1
    住友不動産後楽園ビル
TEL:03−5800−3602

スポンサードリンク

 <  前の記事 政治家  |  職業調べトップ  |  次の記事 グラフィックデザイナー  >